Dr.Vranjes

Dr.Vranjes

Dr.Vranjes(ドットール・ヴラニエス)は、薬剤師でありコスメトロジストでもあるパオロ・ヴラニエスの情熱によって、「Antica Officina del Farmacista」として、1983年にフィレンツェに誕生しました。
シルク商人として世界を巡っていた祖父が、旅先で買い求めたフレグランスの貴重なコレクションが並ぶ部屋で子供の頃に過ごした時間は、創始者であるバオロ・ヴラニエスの香りへの情熱を抱くきっかけとなりました。その後、薬剤師として研究を重ねた彼は、香水の歴史が作られた「香りの地フィレンツェ」で、香りの元となるエッセンスの抽出を始め、それが彼のブランド、“Dr. Vranjes”の出発点となります。
彼はアシスタントスタッフと共に、絶え間無い研究と、こだわり抜いた革新的な技術で、注意深く抽出された天然のエッセンスを用いて、すべての工程をハンドメイドで生産しています。
パオロ・ヴラニエスはボローニャで生まれ育ち、学位を取得した後、その後の人生を、歴史的に香りの地であるフィレンツェで過ごす事を決めます。パオロ・ヴラニエスのストーリーは、彼の「嗅覚」のストーリーでもあります。彼は幼少の頃から、香水の複雑な香りを嗅ぎ分けていました。香りは、繊細な嗅覚に多大な影響を与え、16歳で「ARIA」を誕生させました。
「新しく発表する香りは10年先のものまで既に出来上がっています。」そう話すパオロ・ヴラニエスは、Dr.Vranjesのラボにある2000種類にも及ぶ天然のエッセンシャルオイルから、人々の心に強く訴えかけるフレグランスの創作に専念しています。


「OUD NOBILE(ウード・ノービレ) の香りは、中東で彼らの"おもてなし"を受けた時、OUD(香木)の香りを女性なら髪に、男性ならガラベーヤ(民族衣装)に香りを移すという所作や心遣いの異文化経験があまりに感動的で鮮烈でした。その瞬間の香りを断片的に分解したものを持ち帰り、今度は記憶の中で断片的にした香りを組み立て創りあげました。
記憶を辿り表現する香りを「まさにこれだ!」と心が動かされるまで何度も調合する事は大変美しい仕事ですし、情熱を感じています。」

PAOLO VRANJES


Dr.Vranjes

商品一覧